2021年の節分に幸運を呼び込もう

早いものでもう1月最後の日となりました。

「時間」はお金では買えません。一日一日、この瞬間を大切に過ごしたいですね。

本格的な風の時代 

12月のグレートコンジャクションにより風の時代に入りましたが、今月も天空では華々しいくらいの天体ショーがありました。

  1月20日 太陽が水瓶座に移動

  1月24日 太陽と土星が水瓶座で重なる

  1月29日 太陽と木星が水瓶座で重なる

  1月29日 満月

満月は太陽と月が真正面になることを指しますが、29日の満月の正面は太陽だけではなく土星・木星・水星に配置しています。

しかも4天体は水瓶座にあり、いよいよ本格的な風の時代になってきていることを意味し、何が起きても慌てず軽やかに受け入れ行動することを意識していかざるを得なくなります。

124年ぶりの「2月2日節分」

節分には季節を分けるという意味があります。

大晦日みたいなイメージでしょうか。翌日3日は立春となり新しい季節が始まります。  

1年は365日ですが、地球の公転(太陽の周りを回る)は365日ではなく約365.2422日です。時間にして365日と6時間弱かけて1周します。うるう年で調整しているのですが、微妙に端数が出ることにより2021年は立春が2月3日になりました。

2021年の恵方は「南南東」

恵方巻でおなじみの「恵方」ですが、歳徳神(としとくじん)という神様のいる方向のことをいい、2021年の恵方は南南東です。

2月2日は南南東へ向かって一礼することで運気アップに繋がります。

また大切なイベントやここ一番の勝負は恵方が効果的ですが、難しい場合は当日に恵方に向かって一礼してみると運を味方につけられます。